富士宮やきそば学会:「B-1グランプリ」2006年、2007年、ゴールドグランプリ受賞!!!安くておいしい!富士宮で昔から親しまれている食文化です。

ホーム >  作る

市内にある4つの製麺業者の麺を使用します。その特徴は、一般的な焼きそば麺の製造工程では蒸した後に一度茹でますが、富士宮やきそばの麺は茹でずに急速に冷やし、油で表面をコーティングします。そのため他の麺に比べ水分が少なく、独特のコシが生まれました。
富士宮やきそばが作られ始めた終戦直後は冷蔵技術が乏しかったので、日持ちや行商に対応させるためこのような製法が確立していきました。


imgdd84ce70a5ec99fd31f34.jpg 製麺業者によって麺の太さやコーティングしている油の量が若干異なります。
やきそば店では店ごとに仕入れている製麺業者が違うので、麺の違いを感じながらやきそば店めぐりをするのもおすすめです。

写真は左上から時計回りに
  「マルモ食品工業」
  「叶屋」
  「曽我めん」
  「さのめん」

にせもの注意!

B1グランプリ

登録店一覧

ブーマー

曽我めん

よねやま

マルモ食品工業

富士設計株式会社

株式会社斉藤商事

はとバス

和Cafe ぷくいち

富士宮富士急ホテル

冷凍富士宮やきそば

地域デザイン

アド・パック

佐野包装

岡重

富士パークホテル

シマダヤ

酒井商事

タケウチ

カワカミ